のこのこいきる

26歳で若年性乳がん患者となりました。現在28歳。治療のことや日記

乳がん手術 4日目(退院) 胃が小さく………

やっと当日に追いついた。今日(10月18日)退院してきました。

 

同日入院・同日手術だった隣のベッドの方はまだ退院しないようだったので、やっぱり3泊4日って短かったのでは?と思う。

(幸い私は身体的ダメージが少なかったのでこの日程で大正解だとは思いますが。)

 

10時には退院とのことで、彼氏が迎えに来てくれた。

今日から3日間は実家でお世話になるので、彼氏から母に引き渡される手筈である。

これで美味しいご飯が食べられると喜んだのは束の間で、お昼ご飯を食べに行ったところ胃が小さくなっていてあまり食べられないことが判明した。

(後でお母さんと一緒にもう一度食べて下さい、と注意される。)

 

午後になって母が車で迎えに来てくれた。ここから彼氏は仕事へ(今日も休日出勤)行き、母と実家へ帰る。

還暦過ぎた親に遠いところ車で来させて申し訳なかった。慣れない都内での運転に疲れ切った母を見て、帰るときは電車で帰ろう、と決めた。

 

==================================

ここまで駆け足で手術までの記録日記を書いてきたのだけれど、がんの告知から3週間程、ここまででいろいろな決断を迫られてきている。

今のうちに書き留めておきたいので、明日にでもいくつかのテーマで今の考えを書いておきたい。

とりあえず今後書きたいと考えているのは下記3点のテーマである。

・仕事

・結婚

卵子(受精卵)凍結

特に卵子(受精卵)凍結については、興味ある人も多いはずだが情報も体験談もまだ少ないのが現状ではないか。

若年性乳がん患者においては重要な問題となるはずなので、今後の動向も含めてできる限り記録したいと思っている。