のこのこいきる

26歳で若年性乳がん患者となりました。現在28歳。治療のことや日記

乳がんを告白する

「告白する」などと言うと仰々しいですが、思ってた以上に周囲には言いにくいです。今のところ。

 

まず告知を受けた日は気持ちが沈んで、S氏と姉にしか言えなかった。

両親には「検査結果が出たら教えるからね」と約束していたものの、説明する気力も無かったので姉に伝えてくれるようお願いする。

姉からは「連絡しておくし、連絡がいくまではそっとしておくように言っておくよ」と返事が来て、これは本当に有り難かった。

(この他にも、姉は看護師なのでその日のうちに勤務先のお医者さんから情報収集もしてくれて、本当に力になってくれました。)

 

友達は、高校からの友達1人と職場で毎日飲んでいた上司(これは友達のくくり 笑)

会社では直属の上司と、仲の良い先輩1人だけ。

私から話したのはこの4人のみです。(あとは親から親戚へ、とか会社の上層部とか必要なところには伝わっている)

 

高校の友達に話したとき、他の子には言わない方が良いかなという相談をしたんですね。で、やっぱり取り乱しちゃう子もいるだろうから兎に角世話を焼かれたいという訳じゃないなら今は辞めといたら?って言われたんです。

それはその通りで、がんになりましたーと報告するならその後の経過も教える必要があるし(心配していくれる相手なら尚更)、治療が一通り終わったら報告すれば良いかと。そういえばこんなことがあったのよと。

 

会社の方は、男社会な会社なので乳がんですと言うのがなんとなく嫌でした。何を言っているんだと言われそうだけど、本当に女性の体調への理解がない環境なので(徹夜はなるべくさせない等の気遣いはあったけど)、乳がんだと言って更に私が諸々説明しなくちゃと思うとそれだけで体力なくなりそうだったのです。

 

以上、告知から1ヶ月未満時点での周囲への報告状況でした。

 

(誰に話すか?というのも人それぞれのようで、ブログや知恵袋で多様な意見が読めるので参考になりました。私のスタンスもこれからどんどん変わるでしょう。)

(突然結婚したり仕事行かなくなったりの説明は必要なので話すことは増えるかもしれない。)