のこのこいきる

26歳で若年性乳がん患者となりました。現在28歳。治療のことや日記

ドセタキセル+ハーセプチン1回目 6日目

手足の発疹が自分でもドン引きするぐらい酷くなってきて、なおかつ範囲も広がっている。朝方は特に酷くて、隣で寝ているS氏が起きるほど搔きむしる程。
朝起きると直ぐに病院に電話して、主治医先生に診察して貰えることになった。
主に痒みについての相談だったけど、全身痛やお腹の痛み、食欲不振についても相談できた。

抗アレルギー剤(飲み薬)と痒み止め(塗り薬)、胃腸薬を処方してもらう。
早速服用して30分ほど経つが、気が狂いそうな痒みは収まっている。とはいうものの発疹も痒みも周期的に襲ってくるものだったので、暫くは様子見が必要。
あとは、怠さと胃の不調が目立つ。全く食べられない程ではないけど、小さいサンドイッチ一つ食べるのにも覚悟が必要な感じ。これはゆっくり様子を見よう。

本当は午後から歯医者の予定だったけど、この調子では無理そう。明日は友達と約束があるので回復を願う。こんな時に遊ぶのはどうなの?と思わないでもないけど、多少無理してでも何かしないと潰れそう。
本当は映画や美術展で行きたいのがあるけど、そういう「いつでも良い用事」に向き合えるほど体調は良くない。