のこのこいきる

26歳で若年性乳がん患者となりました。現在28歳。治療のことや日記

PET/CT検査

今日(もう昨日)は肺の影の為にPET/CT検査を受けてきました。

今の病院には検査用の機械がないということで、聖路加メディローカスという、聖路加国際病院附属のクリニックへ。大手町にある、大変綺麗なクリニックです。検査専門のところなのかな?聖路加ってどこ行ってもホテルみたいな内装で、綺麗すぎてビックリします。

 

検査は

・検査用の薬を投与

・1時間安静にして水分補給/排尿

・PET/CT

・安静(画像が鮮明でなければもう一度PET/CT)

薬の投与から2時間は帰れません。また、放射性の薬を投与するので24時間は人混みを避けること、妊婦さんや赤ん坊の2m以内に入らないよう指示されます。

そこまで言われると、そんなもん体内に入れるこっちの身としては怖くなりますよね 笑

採血で盛大に失敗した後(血が取れないわダラダラ漏れるわ)は、ここ数日体調が悪いこともあってずっと寝てました。というか、安静の時間中は読書も携帯も禁止なのでひたすら水を飲んで寝るしかない。

検査薬が何なのかは分かりませんが、放射性物質だということだけは分かるので、何だか抗ガン剤を投与するときのような気分になってしまって余計に気持ち悪くなっていました。

 

検査は3時間程で終了しましたが、結果はまた後日。主治医先生が説明してくれます。

 

うーん、最近季節の変わり目でぐっと寒くなった影響もあって、この検査が心に重くのしかかっています。よくない傾向です。悲観的かつ鬱っぽくなっているというか。

多分大丈夫なんだけど、結果が怖くて。今回の検査のことはS氏以外には言えませんでした。

頑張って明るく笑い飛ばしてきたのに、ここでまた何かあったらもう笑えないかも。

大丈夫、大丈夫!