のこのこいきる

26歳で若年性乳がん患者となりました。現在28歳。治療のことや日記

やっぱり転移

前回記事では楽観的だった転移疑いですが、ここへきてやっぱり疑いが強くなり、抗がん剤治療を再開することにしました。

骨の症状が良かったので、経過観察しましょうという話だったのですけれども。3月上旬にCT検査をした結果、肺の腫瘍がやや大きくやっていること(5mmぐらいの大きさですが)、新しい腫瘍のようなものが散見されるということでした。

これからの治療は、治すためのものではなくて現状維持。一生ものの治療になります。

そして、主治医からは「子どもは厳しい」との言葉。

なんかもうそこに関してだけが希望だったので苦しいけど、診察室ではS氏が一緒にいたのであまり泣いたりしないように頑張った(と思います)。

子どもがいない人生が考えられなくて、じゃあ今冷凍されてる私の受精卵達はどうするのかな、とか色々と頭を駆け巡っています。