のこのこいきる

26歳で若年性乳がん患者となりました。現在28歳。治療のことや日記

お金のこと。

会社を退職して、健康保険と年金は夫の扶養に入る気まんまんでした。

ところが昨日になって会社から電話があり、「退職金があるので当分は扶養に入れません」とのこと!

慌てて調べてみると、扶養に入れる資格は健保ごとに異なるのですが、S氏と私の会社で入っている健保は退職金を収入と見なすのだそうで…(見なさない健保もある)

 

今日は役所の国保と年金窓口で話を聞いてきました。

まず、国保は退職金を収入から除外するので去年の源泉徴収票をもとに算出→収入はゼロとみなすので最低金額の納付でOK。ただし、高額医療の利用回数はゼロに戻るので、上限が上がる可能性あり。(収入ゼロということになるならあまり変わらないかもだけど)

年金は、厚生年金側からOKが出るまでは国民年金に加入。こちらは減免措置がないので、一律の値段(約16000円…)。

ガンは障害年金が降りるって聞いたんですけど…と聞いたところ、初診日は厚生年金だし、厚生年金の方が基準が低い(必ずしも障害認定が必要じゃない)から年金事務所へ行ってみてくださいとのこと。

取り敢えず、暫くはまだまだお金が大変だということは分かりました。

私の収入がゼロでも、どんなに治療にお金がかかっていても、S氏の年収があるとなかなか同情はして貰えないということも。

取り敢えず年金事務所へGO!です