のこのこいきる

26歳で若年性乳がん患者となりました。現在28歳。治療のことや日記

ロタウィルス感染?

3連休の後半はS氏とキャンプに出かけました。夏休みにキャンプへ行こうと話していたのですが、その為のテントが届いたので、練習もかねて。

川辺のキャンプ場で、冷たい水に浸かったり、S氏がご飯を作ってくれるのを食べたりととても楽しく過ごすことができました。(私は体力が減っていることもあって殆ど動けず…上げ膳下げ膳で楽しむだけでしたが)

f:id:nano53:20170718095610j:image

S氏は魚を釣ったり。ストレス多めの仕事なので、こうして楽しんでストレス発散してくれると安心できます。

 

 

そして、事件は早朝に起きたのでした。

朝6時頃に目が覚めたところ、何だか気持ち悪い…。最近あまり食事を摂らなかったのに、前日は沢山食べたので、胃もたれしちゃったのかなー、と思いながら寝ていたのですが、段々と激しくなる吐き気。起き上がってみたら更に酷くなって、嘔吐してしまいました。

その後も何度か嘔吐して、最後には胆汁も吐き始めます。その頃になって、これはただの胃もたれじゃないと感じ(遅い)、撤退しよう!ということになりました。しかし、この状態で家まで何時間も電車に乗るのは無理…。

幸いなことに、泊まっていたキャンプ場は実家からすぐの場所だったので、実家に電話して迎えに来て貰いました。(勝手が分かるからと選んだ場所でしたが、こういうことがあってみると、本当に正解でした。)

この辺りから水様の下痢も始まり、これが白っぽいことから、ロタウィルスか?と疑惑が。熱も高くなり始め、お昼頃には39度以上になりました。

病院に電話して指示を仰いだところ、処方されている吐き気留めや整腸剤と抗生物質を飲むように言われました。

 

一晩あけると熱も下がりましたが、今回のことはひとえに油断があったからだなーと反省しきりです。

白血球の数値は2400ぐらいで下限値を下回っているのに、キャンプに出かけたこと自体が失敗です。キャンプ場は衛生的とは言い難いですし、準備等は全部やって貰ったとはいえ、体力を使う遊びですし。今回は直ぐに助けが来るところに実家があったから良かったようなものの、そうでなかったらどうなっていたかと思うと、もう少し治療中だということを意識して行動しなくてはいけないと考えを改めるきっかけになりました。

パクリタキセルはFECに比べると副作用も少ないですし、何度か抗ガン剤治療を受けているので、慣れて油断しているところがありました。それこそ、生ものも気にせず食べていたし…。

最近はジリジリと白血球の数値も悪くなってきていたし、改めて食事や行動を改めるべきだと反省しきりです。