のこのこいきる

26歳で若年性乳がん患者となりました。現在28歳。治療のことや日記

パクリタキセル延長

先週は22回目の投与。パージェタは8回目でした。

気がつけば4月から始まったパクリタキセルの投与も半年に入ろうとしています。

取り敢えずの方針として、私の体力が続く限りは延長していくということです。CTを見る限りでは、肺の腫瘍は少しずつ小さくなっているものの、なくなってはいないので。

 

最近は、9月に一度休んだお陰で白血球が少し上昇しており、体調は上向きです。また続けるうちに減少はするので「一時的」ですが。

目立つ副作用は、倦怠感と手の爪が剥がれて来たのと、手足が痛いのと血管痛ぐらいです。

あ、重大なのもひとつ!めっきりお酒がダメになりました。

飲み友達に会いたくて飲みにいくこともあるのですが、数週間に一度、体調が良いときに限られて来ました。たまーに、です。しかも、一杯をチビチビ飲むだけ。美味しくないというか、すぐに気持ち悪くなってしまうのです。

前はお酒大好きでよく飲んでいたのですが、最近はそんな訳で家でも飲まないし、行きつけの店にも行けず、寂しいものです。

また元気になったら、美味しくお酒が飲みたいものです。