のこのこいきる

26歳で若年性乳がん患者となりました。現在28歳。治療のことや日記

FEC3クール目 4日目

今日はバッチリ具合が悪い。
感触としては、1クール目よりマシで2クール目よりキツイ。固形物食べると漏れなく吐きそうになるし(実際に吐きはしない)。
しかし相も変わらず辛いのは、「毎回何が飲めるか分からない」ところだ。前回はグレープフルーツジュース以外無理、みたいになってたので備蓄しておいたのに、今回はリンゴジュースが大ブレイク。あとはサッパリしたスープとかだし汁。(具があると吐きそうになる。)


明日から気分転換に実家へ帰る。
身柄引き渡し現場となる父親の職場まではS氏が送ってくれる予定である。なんて良い奴なんだ。ちょっと送るって言っても、往復3〜4時間掛かるのだ。私ならやんわりお断りしかねない。
それをまあ、嫌な顔一つしないでつき添おうと言うのだから、このクールが明けて元気になった暁には美味い飯の一つでも作ってやらねばなるまい。
こんな人なので、うちの母親から絶賛大人気なS氏である。
私が実家から帰る時など毎回、「S氏の為に何を作って(娘に持って帰らせるのだ)やろう」とソワソワしている。この前など、『1日がかりで作った美味しいビーフシチュー』の残り、というどうしちゃったのというお持たせをしてきた。
病気の娘の為に作ったら凄く美味しかったので、大好きな娘婿にも食べさせたくなったのだ。
そしてそれに大喜びのS氏。(大体何を持って帰っても小躍りする。)
つくづく、家族皆良い人だなあ。私ぐらいだよ、毎日グダグダして甘えきってる奴は。